読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

whiteparasolの記

日記ではない

ブラボー

映画「オズの魔法使い」より:もしも知恵があったなら(アール・クルー g )

ギター独奏は、指が回れば回るほど、つまらない音楽になるという特質を持っている。最良の音色と最少の音数で聴かせるのが名人というものだ。 画像引用元 Amazon CAPTCHA

ノヴァーク:スロヴァツカ組曲

ブルックナーでおなじみの、と言いたいところだが、あちらはレオポルド・ノヴァーク。こちらはヴィーチェスラフ・ノヴァーク(1870-1949)。1曲目の「教会で」に捕まった。特に際立ったメロディーがあるわけではないけれど、明るい光の中にいるような、ゆっ…

サンサーンス:クラリネット・ソナタ(ザビーネ・マイヤー Cl )

Wikipediaによると第3楽章が「サン=サーンスの全作品でも最も感動的なものの一つ」とのこと。そうかなあ? むしろ、長調なのに寂しげな第1楽章に惹かれます。この既視感(既聴感)は何だろうと思っていたら、そうそう、NHKの朝ドラのBGMってこんな感じで…

ブラームス:交響曲第2番(レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィルハーモニック)

今時、誰が悲しくってバーンスタインの旧盤でブラームスを聴かなきゃならないんだ、というのは先入観。小編成のベルグルンド盤は別として、埋もれがちな細部がきちんとわかる優れた録音の最右翼だ。トランペットが張り切り過ぎるという欠点はあるにせよ。ハ…

ブラームス:交響曲第2番(ユージン・オーマンディ指揮フィラデルフィア管弦楽団)

まだオーマンディが新譜を出していた頃、レコ芸ではタイトル付きショウピースの専門家といった扱いだった。純朴な青少年は、まさか評論家がレコードを聴かないで書いているなどとは思いもしなかった。すみません、オーマンディさん。控えめに言っても最上級…